首相の生い立ち

Prime Minster Message

バングラデシュ人民共和国首相 H. E. シェイク・ハシナ閣下は、1947年9月28日ゴパルガンジ地区のタンギパラで、バングラデシュの父でありバングラデシュ独立の指導者であるS・ラフマンの5人の子供の長女として生まれました。1973年にダッカ大学を卒業した後、ハシナ閣下は政府中央女子大学の学生連盟副議長に選ばれ、その他にも、ダッカ大学の学生連盟の一員であったり、ロケヤ寮学生連盟の秘書を務めるなど、学生時代から様々な大衆運動に活発に参加してきました。
1975年8月15日の宿命的な夜の訪れによりバングラデシュの父S・ラフマンと家族は犠牲となりましたが(ムジブル・ラフマンの暗殺)、ハシナ閣下と妹シャイフ・レハナはその当時西ドイツにいたため、唯一の生存者でした。その後、ハシナ閣下はイギリスに向かい、1980年の独裁支配への反対運動を始め、翌年1981年、ニューデリーでの亡命生活を強制されていた時期に、バングラデシュ・アワミ連盟理事長に満場一致で選出されます。6年の亡命生活を終え、1981年5月17日にようやく本国に帰り、後の1986年に開催された議会選挙では3議席を獲得、野党の党首に選ばれました。1990年、ハシナ閣下は歴史的な大衆運動を導き、憲法の第51条および第56条を用いて、権力の平和的移行に関する基本原則を発表。1991年以降の選挙で第5議会の野党党首になり、大統領制から議会制への改変に向かって議会の全政党を導く存在となったのです。ハシナ閣下は世間での認知度をあげ、無所属の暫定政府が望んでいた無償で公平な投票を確実にするよう努めました。この取り組みは1996年3月の非協力運動後にピークに達し、無所属の暫定政府のための対策は憲法に組み込まれました。
ハシナ閣下の呼びかけで、Janatar Mancha(人民の演壇運動)を行い、多様な人々の連帯を強調した後、1996年6月12日に開催された議会選挙では、バングラデシュ・アワミ連盟は多数党となります。そして同年6月23日にハシナ閣下はバングラデシュの首相に就任しました。首相就任後は、貧困緩和を含む国の包括的な発展のために、いくつかの実際的な政策を採用し、任期中の4年の間に、政府は30年の歴史をもつインドとガンジス川の水の共有条約への署名や、チッタゴン丘陵地帯とジャミュナ川のボンゴボンドゥー橋の開通式における歴史的な平和合意への署名など、賞賛に値する様々な成功を収めました。

ハシナ閣下の主な取り組み
ハシナ閣下は、教育のために多くの貧しい少年少女を助けており、生涯を通して、平和、自由、民主主義の強い支持者でいます。若き頃から非常に高い理想と、バングラデシュ独立の父であるS・ラフマンの人々に対する愛情の影響を受け、国民のために強いアイデンティティを構築し、常に人権の抑圧と侵害に対して反対意見を主張してきました。特にハシナ閣下の両親、兄弟と多くの親族が、バングラデシュ独立の直後、1975年に軍隊のメンバーの「誤解」によって容赦なく暗殺されて以来、この運動は堅固なものになりました。その時から、バングラデシュの多くの国民に対するハシナ閣下の民主主義と発展の決意はしっかりと確立されていったのです。
ハシナ閣下は、バングラデシュで民主主義の復活のために奮闘し、考えうるあらゆる方法で国発展のために勇敢に戦いました。全ての国家活動の中心に議会を作ることを約束した後、1996年に、バングラデシュの人々は、国の首相としてハシナ閣下に強い権限を与えました。その後、ハシナ閣下は、深刻な資源の制約や再発する自然災害ならびに広範囲にわたる貧困にもかかわらず、首相としての最初の2年間を、平和、民主主義、発展と人権の原因へゆるぎなく関与していきます。平和への最初の一歩となったのは、首相就任から数ヶ月のうちに取り組んだ、30年に渡って問題とされていたインドとの水共有論争の解決のためのイニシアティブであり、その当時まで非常に複雑であった地域論争に終止符を打つこととなったのです。
それからのバングラデシュ、インド、パキスタンの政治的、および民間部門のリーダーが集まるビジネスサミットでは、ハシナ閣下の先見的な思考が南アジアの歴史に新しい章を加えていくこととなりました。
ハシナ閣下の献身的なリーダーシップは国内でも発揮され、当時先住民族とバングラデシュ新政府の事実上戦闘状態にあったチッタゴン丘陵地帯での和平協定を可能にし、バングラデシュの丘陵地帯での23年に及ぶ先住民とベンガル人の反乱の解決へと導きました。この和平協定は、ほぼ500万人が住む地域を暴力から解放し、平和と発展をもたらしました。国際的なメディアはこの協定にさほど注目はしませんでしたが、和平協定がこの地域の多くの人々に有益であり、そして、全地域が反乱軍による武力の完全な降伏の後開発計画が進んだため、注目に値する出来事といえます。
その後も、ハシナ閣下の平和への探求は衰えをしらず、地域での核実験による警戒がとれたすぐ後、2カ国それぞれのリーダーと協議するためにインドとパキスタンを訪問しました。

ハシナ閣下は、世界、国家、地域レベルの平和の文化の実現を強く主張しました。多くの主要会議、最近だと114カ国の会員を持つ非同盟諸国会議(NAM)の12回目の南アフリカでのサミットでは、平和の文化の概念を支持。このイニシアティブは、平和の文化に関する国連総会の本会議によって、初めて決議となりました。また、ハシナ閣下は2001~2010年を「平和の文化と世界の子供たちのための非暴力のための国際的な10年間」として国連で宣言し、自身のリーダーシップを発揮しました。

貧困根絶のためのハシナ閣下の決心は、特に広範囲で小額の短期融資プログラムを通して、世界中で認められました。1997年2月のマイクロクレジット・サミットでの共同議長を務めたハシナ閣下は、2005年までに世界の1億人の家族を貧困から救うという成果をあげ、貧困・貧困者最下層の根絶への強い関与に対して世界から注目が集まるきっかけとなったのです。このようにして、ハシナ閣下は、主要な国際フォーラムでメッセージを広げる小額の短期融資の推進者であり、閣下のリーダーシップは、国連総会で初めて小額の短期融資がもたらす広範囲にわたる貧困解消の効果の承認・採用に繋がりました。

貧困根絶とともに、彼女は女性の権利拡大にも注目し、地方政府省庁で女性の十分な活躍を確実にするための法律を整備しました。すると、1997年にはこれらの省庁で14,000人以上の女性の当選が実現。その後、女性と子供たちに対する暴力行為の防止に率先して取り組み、世界的な支持を主唱することだけでなく、自国の女子教育のためにリーダーシップを発揮します。これによって政府は、女子教育にフォーカスを当てた初等教育のための予算配分を大いに強化することとなりました。
さらにハシナ閣下は、バングラデシュの人々の生活の質を改善するために人材開発に注目、特にヘルスケア(家族計画、栄養、女性の権利と子供たちの成長と発展)に特化ました。国連・その他のフォーラムで、子供たちの権利を支持する主要な存在となり、閣下自身の人生すべてにおいて、あらゆる方法で人権を尊重しました。
女性と子供の権利に関する彼女の活発な活動は、政府とNGOならびに国際組織によって評価を受けました。

ハシナ閣下の人権問題への取り組みは発展し、1998年の南アフリカでのNAMサミットで、人民の経済的・社会的・文化的発展の権利を認める条約に関するハシナ閣下の提案は、州と政府の長官に支持されました。また、国際人権委員会とオンブズマンのオフィスを設立し、最近では経済的、社会的、文化的権利の国際契約を含む6つの主要な人権文書を受諾。さらに、ハシナ閣下の強い関心は、バングラデシュの国際刑事裁判所(ICC)と地雷条約(南アジアでは初)承認の署名へと繋がりました。そして、ハシナ閣下の平和実現へのイニシアティブは、1999年9月の初の自国ダッカでの平和と協力に関するアジア議会開催へと導き、ハシナ閣下自身がその際に設立されたアジア議会協会(Association of Asian Parliaments)の初めての議長となったのです。

そして今、多くのものを失い、自由の抑圧と否定の犠牲者として、そして平和、民主主義、発展と人権のメッセンジャーとしてハシナ閣下はその存在感を発揮しています。世界で8番目に人口の多い国バングラデシュの首相としてのハシナ閣下のリーダーシップは、人々に対する自身の関心を明示し、1998年にバングラデシュが大打撃を受けた洪水に見舞われた際にも発揮されました。
バングラデシュ・アワミ連盟は、閣下のリーダーシップの下2014年1月5日の第10回議会選挙で勝利。ハシナ閣下は、2014年1月12日に開催された式典においてバングラデシュ首相として宣誓しました。現在は結婚し2人の子供がいます。

受称歴
1997年2月6日 米国ボストン大学で名誉法学博士号 受称
1997年7月4日 日本早稲田大学で名誉法学博士号 受称
1997年10月25日 英国アルバータ・ダンディ大学で名誉教養博士号 受称
1999年1月28日 印度西ベンガルにあるノーベル賞受賞者のラービンドラナート・タゴールによって設立されたタゴール国際大学でデシコッタマ(名誉文学博士号)受称
1999年10月20日 オーストラリア国立大学で社会福祉や優れた創造的な貢献が評価され、名誉法学博士号 受称
1999年12月18日 バングラデシュのダッカ大学で、平和と民主主義に対する彼女の顕著な貢献が認められ、名誉法学博士号 受称
2000年2月4日 ベルギーのカトリック・ブリュッセル大学で、民主主義と人権と平和を確立における貢献が評価され、名誉法学博士号 受称
2000年9月5日 米ブリッジポート大学で、世界平和と発展への貢献が評価され、名誉人文学博士号 受称

受賞歴
国際ライオンズクラブ協会から、1996-97年と1998-99年にはMedal of Distinction(イスラエル、または世界への貢献が認められた者に与えられるメダル)、1996-97年には国家元首勲章のメダル獲得
政治的な勇気と政治的手腕でチッタゴン丘陵地帯での25年の対立を終焉させ、平和をもたらした彼女の卓越した貢献が評価され、1998年度ユネスコのフェリックス・ウーフェ=ボワニ賞を受賞
全インド平和会議において、1998年に『マザー・テレサ賞』受賞
ノルウェー・オスロのマハトマ・ガンジー財団において、人種理解の促進や非暴力的な宗教調和、バングラデシュの草の根レベルの民主主義の発展に対する貢献が評価され、1998年『M Kガンジー賞』受賞
国際ロータリーのロータリー財団によって、ポール・ハリス・フェローとして認証
1999年8月2日 ローマの国連食糧農業機関(FAO)から飢餓との戦い・農業発展が評価されケレスメダル 獲得
2000年4月9日 米ランドルフ・メーコン女子大学から政治的、経済的、人道的な分野における洞察力、業績、そして実行力を促す勇気を評価され、パール・S・バック賞’99 受賞

著書
「なぜ、彼らはストリート・チルドレンなのか」、「独裁政治の起源」、「遥かなる道のり」、「貧困とある思想の排除」、「人々と民主主義」、「我が夢と闘い」、「多数のための発展」など

ハシナ閣下は数回、神聖なるメッカ巡礼とウムラを実行。「バングラデシュ建国の父S・ラーマンのメモリアルトラスト」の議長を務めています。