FATHER OF THE NATION

シェイク・ムジブル・ラフマン

シェイク・ムジブル・ラフマンは、1920年3月17日に英領インドのベンガル州東部、ファリドプル地区ゴ一パ一ルガンジのトンギパラ村で生まれました。外向的でスポーツを愛する若者であったムジブルは、彼の教師や友人に好かれていましたが、彼の研究が頭角をなすことはありませんでした。しかし、小地主(シェイクはよく地主階級の文脈でも取り上げられる)と政府官僚であった父の狼狽に際し、ムジブルは父の備蓄から地域の飢餓農民に米を分配することにより、彼の将来の革命的なリーダーシップを示したのです。
カリスマ的指導者として、シェイク・ムジブルは第三世界における反植民地運動のリーダーシップの象徴となりました。ムジブルは、英国に対する抗議や反対運動を組織し、主に東パキスタンのベンガル人に対する西パキスタンの権力者の不正と搾取に対して活発に活動しました。しかし、ムジブルにとって搾取からの解放のための戦いは決して終わることのないものでした。パキスタンからバングラデシュの独立を獲得した後でさえ、搾取のないベンガル社会を達成することは困難だったのです。

解放後の歴史の中で最も困難な時期を乗り越えて成功を掴もうとした時に、ムジブルとその家族は、バングラデシュ軍の一握りの下級将校によるクーデターで暗殺されました。